読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@basseyboost

わちょーいヽ(・∀・)ノ

企業やお店のWebサイトはSEOを頑張るよりマイビジネスに登録した方が楽

社名や店舗名での検索で確実に1位を取りたい場合は、WebサイトのSEOに取り組むよりもGoogleのマイビジネスに登録した方が楽に宣伝をする事ができます。

スポンサードリンク

 

ウェブサイトを持っていない場合でも登録時にGoogle+のページを作成するので、最低限の情報はユーザーに伝える事ができます。また、SNSのように投稿機能もあるので、最新の情報を伝えることもできます。これらのサービスはGoogleアカウントをお持ちであれば無料で利用できます。

詳しいサービスの内容については、Googleマイビジネスをご確認ください。

マイビジネスに登録するメリット

マイビジネスに登録することで、Googleマップの検索結果や、ナレッジグラフ(スマホの場合はAdWordsの広告枠と検索1位の間、PCの場合は検索結果の右側に表示されるもの)に表示されるようになります。
Google検索はスマートフォンのGPSやIPアドレスから確認できる位置情報を利用しているので、会社やお店の近くにいる人に表示させる事もできるので、店舗の場合は見込み顧客を呼び込むことができます。

また、検索結果に表示される情報も日々進化*1しているので、まだ登録してない方は取り組むべき内容となってます。

実際の表示イメージについては下記ページをご確認ください。

マイビジネスの登録手順

詳しい手順については上記サイトが綺麗にまとまっているので参考にどうぞ。

登録時の注意点として、公開するには郵送される「確認コード」の入力が必要なことと、ガイドラインに沿った情報の入力が必要です。

Googleに掲載するローカルビジネス情報のガイドライン

このガイドラインが厄介で、複数の拠点を持っていたり、該当するカテゴリを探すのが少し難しいです。

ビジネス名は「会社名」や「店舗名」を登録します。キャッチコピーや無駄な装飾文字を使わないのは理解できますが、英単語の場合はアルファベットを全て大文字にしてはいけなかったり、〇〇店など地名を含めることができなかったり、少し謎な制約があります。

カテゴリは会社の場合は「人材派遣業」「製造元」など、できる限り事業内容にあった情報を選びます。「企業のオフィス」にすると、どんな企業でも該当するので承認されやすいです。

店舗の場合は「居酒屋」「カフェ」などの業態を入力します。店舗の業態は検索されやすいキーワードでもあるので、適切なものを選ぶ必要があります。

該当するカテゴリに迷う場合は、適当なキーワードを見繕ってサジェストに表示されるものを選択すると確実です。

オーナーの確認コードを行い、登録した情報が承認されれば、検索やGoogleマップに表示されるようになります。

スポンサードリンク