読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@basseyboost

わちょーいヽ(・∀・)ノ

Googleが求める良いコンテンツとは?【SEO担当者のメモ】

Googleのアルゴリズムは年々コンテンツを重視するようになり「よいコンテンツを作る事がSEOだ!」とも言われるようになっていますが、具体的に「良いコンテンツ」とはなんでしょうか?

スポンサードリンク

 

■テキストを主体とする事が大前提である

 なんだかんだでGooglebotはテキストを読み取り、解析し検索結果に反映しています。ECサイトによく見られる画像に書いてあるテキストをユーザーに見せる手法や、見出しを装飾する為にテキストまで画像で作られたものなど、ページの見た目は良くてもGoogleの評価は低いケースがあります。

1ページのテキストは1000文字程度が理想で、3000文字くらいになるとページの主題がぼやけるたりユーザーにも伝わりにくくなる事があるので、シンプルにまとめるのがよいです。

また、ブログ記事であったら参考になる関連記事への発リンクや、サイト内のインデックスページであれば関連ページへのリンクなど、ディレクトリ階層やコンテンツに応じてリンクのあるページの方がGoogleの評価が高くなる傾向にあります。1ページからの発リンク数は多くても200本程度までが理想です。

■外部リンクを主体とするページ

リンク集や関連記事や商品紹介など、ページテーマ沿ったリンクを含むページが有益なページとして評価されやすいです。この場合は、1ドメインへのリンクばかりだと誘導ページとして見られる可能性があるので、複数のドメインなど分散するのがいいです。

■内部リンクを主体とするページ

ECサイトや自社サイトの様な外部へのリンクを貼らないサイトの場合、サイト内の内容をまとめたインデックスページの様なものをランディングページとして、下層のページでコンテンツに厚みを持たせます。そのランディングページやトップページなど、どうしてもリンクばかりになってしまいがちなページにも「見出し」「概要」「関連ページへのリンク」をセットにしてレイアウトを構成するのがベストです。

■よいコンテンツとは?

どうしても「いいものを作れ!」と言われてるような気がして「人に評価されるものを作らなければならない」という気になりますが、「良い=好き」という訳でもなく、炎上してリンクが集まったページでも良いと評価される場合があります。

「良い=需要がある」と置き換えると、外部リンクが集まりやすいページであったり、検索結果でのCTRが高い、など(Google側から)目に見える指標を検索順位に反映していると思うのが自然な流れかと思います。

そういった指標を上げるためには、タイトルやディスクリプションをはじめとするHTML記述を見直したり、少しでも評価される商材(ページ)を用意する事が重要です。

また、ネットで売れやすいCVRの高い同じ特徴のある商材というのは意外と少なかったりするので、競合と相対的に見ると必要な被リンクはそれほど多くない場合も多いです。

スポンサードリンク