@basseyboost

わちょーいヽ(・∀・)ノ

SEO

SEOで長文が強い理由

SEO

SEOで長文が強いのはロングテールキーワードを拾うことで、ページ単位の表示回数と高いCTRのクリック数を稼ぐことでき、ページの評価が高くなりやすいというシンプル理由だと思っています。

こんなSEO会社は嫌だ!ダメSEO会社を見極めるための珍事例集

SEO

ホワイトハット、ブラックハットと呼ばれる技術があるだけに一般的にはグレーゾーンがどこまでなのかわかりにくいSEO業界ですが、事例を参考にダメなパターンを洗い出してみましょう。

Googleが求める良いコンテンツとは?【SEO担当者のメモ】

SEO

Googleのアルゴリズムは年々コンテンツを重視するようになり「よいコンテンツを作る事がSEOだ!」とも言われるようになっていますが、具体的に「良いコンテンツ」とはなんでしょうか?

HTMLの改善(タイトルとディスクリプション)【SEOの基礎】

SEO

検索流入の入口となるタイトルとディスクリプションの設定。キーワードを含める事で検索にかかるかかからないかに関わり、ユーザーにも見える部分なので広告原稿並みに気を使う必要があります。

ディレクトリ構造と基本的なhtml記述の確認【SEOの基礎】

SEO

SEOで最も重要なポイントとも言えるディレクトリ構造ですが、新規でサイトを立ち上げる場合を除いては変更できなかったり、CMSの仕様から変更しなければならないケースなど制約も多いかと思いますが、まずは現状を把握しましょう。

【SEOの基礎】簡単に行える最短で結果を出す為の最低限の施策

SEO

SEOを学ぶ前に確認しておきたい最低限の情報〜現状の把握〜簡単に行える施策を紹介しています。 追求すればたくさんの「やるべき事」がありますが、最低限これだけはやっておくべき事をまとめています。

SEO(内部施策)で上位表示されるページをコントロールする方法

SEO

内部構造を綺麗に作る事でGoogle検索で上位表示されるページを操作(最適化)する基礎的な手法をまとめました。結果が出るのが早い大規模サイト「NAVERまとめ」を使用した検証結果です。手法自体は小規模サイトでも流用できるはずです。

今は流行のホワイトハット!1ページで出来るコンテンツSEO

SEO

「ホワイトハットSEOってよく聞くけど具体的に何したらいいの?」「口だけで実際は外部リンクに頼ってるんじゃないの?」なんて声にお答えするため現場レベルで実務にも役立つかもしれないコンテンツSEOのノウハウをまとめました。

理想的なディレクトリ構成「親・子・孫」関係のツリー構造作成

SEO

SEOを始めるに当たってもっとも重要なサイトの構造の作り方。ディレクトリを整理する事によりターゲットを絞ったり、必要なコンテンツを整理したり、検索エンジンにもユーザーにも親切な構造を作らなければなりません。

GoogleのハミングバードのSEO対策としてやるべき事は?

SEO

先日発表されたGoogleの新アルゴリズム「ハミングバード」により検索語句の意図に適切なページが検索結果として表示されやすくなりました。SEO担当者が意識しなければならない効果的な対策とは?

Googleの検索結果のドメイン多様性のアルゴリズム変更について

SEO

2013年の5月末にGoogleのアルゴリズムに変更があり、ドメインの多様性を検索結果で優先するようになりました。原因を追求する中で6月〜7月にかけてPVやアクセス数が徐々に減ってるのが気になった方は参考にどうぞ。

NAVERまとめのSEOで効果的な内部リンクを構築する方法

SEO

NAVERまとめで上手に人を集めPVを稼ぐために重要な内部リンクの構築と、SEOで重要なポイントなど上手に運用するコツをまとめました。綺麗なまとめが増えて「NAVERまとめウザい!」なんて言われる事がなくなればいいなと思います。

パンダアップデート攻略!SEOで重要なHタグ(見出し)の書き方

SEO

SEOで重要なhタグの最適化ですが、パンダアップデート導入以降は間違った使い方をするとペナルティを受ける可能性もあるので慎重に対応しなければなりません。Googleにもユーザーにも「やさしい」見出しの書き方とは?

検索結果にどう表示されているか?インデックス状況の確認方法

SEO

SEOをはじめるに当たってまず理解しておきたいインデックスの仕組み。まずは検索順位は気にせず、「実際に検索された時に表示されているのか?」「どのように表示されているのか?」を確認しましょう。

【SEOの基礎】Bing Webマスターツールで確認できる事

SEO

Googleからの流入数と比べると数%程度なのであまり熱心に対策を打つ事も少ないですが、Bingでの掲載状況だけでなくサイトの状況も診断できるのでWebマスターツールへの登録をおすすめします。

【SEOの基礎】Google ウェブマスターツールで確認できる事

SEO

SEOの分析には書かせないGoogleウェブマスターツールで確認できる事をまとめました。検索トラフィックの確認だけでなく、クロールの制御や、ペナルティの確認など、サイトを運営していく上で必要な情報を受け取る事ができます。 ■サイトの設定 以前は左側の…

サイトのSEO分析に必須!まずはウェブマスターツールに登録する

SEO

サイトを立ち上げた時やSEOを行う際に、重要な解析ツールとなるWebマスターツールへの登録が必要になります。インデックス状況の確認や実際にどのようなキーワードで検索されているのか、検索エンジンの制御を設定する場合に活用できます。

スポンサードリンク